退職金の計算方法と税金のしくみ
退職願・退職届の書き方

退職金にかかる税金

退職金は所得になるため、所得税がかかります。しかし、退職金は長年の功労報酬的な給与を一時的にもらうものであり、また、第2の人生をスタートするための大事な資金であることから、大きな控除が設定されています。

退職所得控除

勤続年数

控除額

2年未満

80万円

2年以上〜20年以下

勤続1年当たり40万円

20年超

800万円+70万円×(勤続年数−20年)

障害者になったことが退職の直接の原因である場合は、上記からさらに100万円加算されます。


所得税額の計算

退職所得は、原則として他の所得と合計せず、分離して所得税を計算します。退職金が退職所得控除の額を超えると、退職所得として税金がかかってきます。控除額を超えた分の1/2が退職所得となります。

『退職所得=(退職金の額−退職所得控除額)×1/2』

この式で得た退職所得に、税率をかけて所得税額を算出します。

『所得税額=退職所得×税率』

なお、「退職金の受給に関する申告書」の提出がない場合は、退職金の支給額に対し20%の税率の所得税が源泉徴収された後、確定申告で所得税を清算します。

MENU
その他お役立ち情報