円満退職&転職マニュアル

退職願・退職届・辞表の違い

退職願と退職届と辞表、どれも全部同じ?

いいえ、違います。似ているようで、それぞれ使い道が異なります。


退職願(ねがい)

合意により労働契約を解約してもらうための申し出。いわゆる「申込」の段階であり、相手側(会社)が承諾してはじめて退職となります。出した時点では退職となりません。

また、相手が承諾するまでは撤回することができるのも一つの特徴です。


退職届(とどけ)

会社への最終的な意思表示であり、届が受理される=退職となります。退職願と異なり、特別な事情がない限り撤回することはできません。


辞表

役員のような役職のある人(または公務員)が辞める際に用います。退職願は「従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出るもの」ですから、使用者側が退職を申し出る場合は退職願ではなく辞表となります。(課長以上の役職についている人も辞表を使うことがあります。)同様の理由から、公務員も辞表を使います。


一般に用いられるのは退職願の方です。会社によって退職願・退職届は区別なく同様に扱われることもありますが、このような違いがあることは知っておいて損はないでしょう。
ちなみに、法律上(民法上)は、退職の意思表示を行うことは求められていますが、上記のような退職願の提出までは定められていません。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職と転職の基礎知識
□退職編
円満退職への5ステップ
退職願の書き方
├退職願・退職届・辞表の違い
辞めるときに受け取るもの・返すもの
これはダメ!!
退職金とは
退職金の計算方法
退職金の税金

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.