円満退職&転職マニュアル

退職金の計算方法

退職金の計算方法には、代表的なものとして以下の3つが挙げられます。

1.一般的(基本給・勤続年数)方式
2.金額テーブル方式
3.ポイント方式


1.一般的(基本給・勤続年数)方式
「退職時基本給×勤続年数別係数×退職事由別係数」
勤続年数が多くなるほど係数が高くなります。


2.金額テーブル方式
勤続年数(入社年次)に応じて金額を定める方法。退職時の給与は計算に入れません。勤続年数に応じた退職金額の一覧表でもって表すことができます。金額が一番分かりやすい反面、仕事の内容や頑張りが退職金に反映されにくいというデメリットがあります。


3.ポイント方式
「(勤続貢献ポイント+仕事貢献ポイント)×ポイント単価」
年数を重視した終身雇用型ではない、能力重視型の退職金形態です。仕事の内容や頑張りが退職金に反映されやすいのですが、計算は煩雑になり、会社に事務的な負担がかかります。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職と転職の基礎知識
□退職編
円満退職への5ステップ
退職願の書き方
退職願・退職届・辞表の違い
辞めるときに受け取るもの・返すもの
これはダメ!!
退職金とは
├退職金の計算方法
退職金の税金

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.