円満退職&転職マニュアル

個人事業と法人(会社)の違い

個人事業と法人(株式会社)の違いをまとめてみました。

設立手続き
個人:不要
法人:法律に定める手続き

資本金
個人:不要
法人:株式会社1円以上

社会的信用
個人:得にくい
法人:得やすい

事業失敗時の責任
個人:全て個人負担(無限責任)
法人:出資額の範囲で責任を負う(有限責任)

事業の内容
個人:制限なし
法人:定款で規定した事業のみ

社会保険への加入
個人:従業員のみ
法人:加入できる(必須)

税金
個人:所得税(累進課税10%〜37%)
法人:法人税(22%または30%)

事業承継
個人:"親から子"以外は難しい
法人: しやすい

法人化による大きなメリットの一つに、税金面での優遇が挙げられます。税率だけ見ると大して変わらないように見えますが、法人の場合は事業主(取締役)も給与所得者となるため給与所得控除の対象になるなど、節税の面で大きなメリットがあります。

もう一つ、法人は有限責任であることが大きな違いです。もし事業が失敗して借金だらけになったとしても、出資分(株式等)を放棄すればそれで終わりです。たとえそれが借金返済に足りなかったとしても、個人には請求されないのです。

また、事業の承継という点では、法人が明らかに有利です。一代で終わらせるならともかく、末永く事業を続けていくつもりであれば、法人化は欠かせないものとなります。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職・転職時の手続き
□独立・起業する場合
会社を立ち上げる
├個人事業と法人(会社)の違い
会社の種類
営業に必要な許認可
設立後の届出

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.