円満退職&転職マニュアル

営業に必要な許認可

業種によっては、営業するために許認可を必要とするものがあります。主な業種は以下の通りです。下記以外にも許認可が必要な業種はたくさんあります。

保健所
・飲食店営業
・菓子製造業
・食肉販売業
・魚介類販売業
・旅館営業
・理容・美容業
・クリーニング業
・医薬品等の販売業

警察署
・マージャン店
・古物営業(中古車、古本屋等)
・警備業
・指定自動車教習所

その他の官公署
・酒類販売業
・旅行業
・宅地建物取引業
・建設業
・運送業
・人材派遣業
・自動車整備業
・ガソリンスタンド

許認可を要する業種を許認可無しで行った場合、行政処分や処罰の対象となることがあります。注意しましょう。

各種営業許可の取得については、お近くの行政書士にご相談ください。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職・転職時の手続き
□独立・起業する場合
会社を立ち上げる
個人事業と法人(会社)の違い
会社の種類
├営業に必要な許認可
設立後の届出

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.