円満退職&転職マニュアル

期間の定めがある場合

やむを得ない場合を除き、労働者の側から一方的に解約(退職)できる権利はありません。そのため、期間途中においては、会社が同意してくれない限り退職できないことになります。つまり、退職願を出したとしても会社が「NO」と言えば、その期間を全うするまでは辞めることができないのです。(期間途中でも会社が「YES」と言ってくれれば退職できます。)

一応、やむを得ない場合には解約(退職)できるのですが、損害賠償の責を負う可能性があります。


民法 第628条

当事者が雇用の期間を定めるときであっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。但し、その事由が当事者の一方の過失によって生したときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。


なお、この規定は期間の定めのあるなしに関わらず適用となります。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職と法律・解雇トラブル
□法律上の規定
退職と法律
├雇用期間の定めがある場合
雇用期間の定めが無い場合
退職願は必要?
退職時の物品の返還について
解雇と退職の違い
不当解雇とは
労働基準監督署

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.