円満退職&転職マニュアル

退職時の物品の返還について

退職の際、健康保険証や社員章など、会社からもらったものは返します。しかし逆に、労働者が所有している物品を会社に預けていた場合は、その物品を返してもらえます。

これは、労働者が退職した場合、権利者(労働者本人)から請求があったときには、7日以内に、賃金の支払いをし、積立金、保証金、貯蓄金その他名称にかかわらず労働者の権利に属する金品を返還しなければならない、と定められているからです。(なお、退職金は、退職金制度に基づく支払期日に支払えばよいことになっています。)

なお、賃金または金品について、その有無、額等について、労使間で争いがある場合、会社側(使用者側)は異議のない部分についてのみ7日以内に支払い・返還をする必要があります。

★脅威の転職マニュアル
転職ライフ完全ガイド マニュアル冊子版

■退職と法律・解雇トラブル
□法律上の規定
退職と法律
雇用期間の定めがある場合
雇用期間の定めが無い場合
退職願は必要?
├退職時の物品の返還について
解雇と退職の違い
不当解雇とは
労働基準監督署

★厳選キャッシング
即日キャッシング比較

TOPへ戻る


(c)2008 円満退職&転職マニュアル All Rights Reserved.