知っているようで知らない 退職願・退職届・辞表の書き方
退職願・退職届の書き方

退職願とは

「会社を辞めるときは退職願を出す」というイメージが定着していますが、そもそも退職願とは何なのでしょうか。

退職願は、合意により労働契約を解約してもらうための申し出の書類です。

退職の意思は、民法上は2週間以上前に申し出ることが求められています。就業規則では1ヶ月前に・・・となっていることがあります。従業員の側から退職を願い出ることになるため、一般には「自己都合退職」となります。

退職願iは、いわゆる「申込」の段階であり、相手側(会社)が承諾してはじめて退職となります。出した時点では退職となりません。また、相手が承諾するまでは撤回することができるのも一つの特徴です。ただ、撤回できると言っても、それは「会社が承諾するまで」なので、出してすぐ承諾されれば実質撤回できないこともあります。

退職の申し出は口頭でもよく、「退職願を出さなければいけない」という法律の定めはありません。実際には、退職願を出す前に上司と相談し、退職することが確定してから退職願を出す、というケースが一般的です。退職願を出す日程や文面などが就業規則に定められている場合には、それに従っていくとスムーズな退職が期待できます。

MENU
その他お役立ち情報